FC2ブログ

タイ製シルク100%ストール最新事情

いつものクライアントさんからタイ製シルク100%ストールのオーダーをもらっていたから、仕入先に行ってみて改めて解かった事をアップします。

その前に、ちょっとだけボクとシルクストールとの出会いを書きます。

20180610_131234.jpg


出会いは、約15年前の宝飾問屋時代、初めてタイ・バンコクへルース買い付け目的で出張したついでに、販売促進品を探そうとあちこち回っていたら、安くて、軽くてシルク独特の艶つやのシルクストールと出会ったのです。

思い起こせば、じっとしていても汗が噴き出るほどの蒸し暑いバンコクの見知らぬ市場を彷徨い歩いた。

この仕入先は、観光客が立ちよるようなマーケット(百貨店)ではなく、タイのシルクショップ店(会社)の仕入先元だと後でわかった。

余談ですが、シルクの養蚕は、中国とタイの国境でされていることは有名な事実であって、高齢化でやり手が減ってきているうえ、手織り、手染で大変手間が掛かるうえ大卸価格は、抑えられているため決して裕福な暮らしではないようです、それでもお年寄りは他の仕事が出来ないため、細々と生産しているのです。

ボクの仕入先である仮名(タイ北部シルク会社)さんは、タイ最北部にある会社です。

この会社は、生産者さんの生活を安定的にするため、年間を通して生産依頼していて、全て買い取っているのです。

話を戻して、以前は小さなサイズ(30CM×90CM)のストールも生産していたが、昨今の諸事情により現在は生産を中止して、大きなサイズ(65CM×180CM)のみになっている。

これによって、生産者さんの収入は増えたようにみえるが、いつの時代も需要と供給のバランスによってきめられ収入は、決し増えてはいないようです。

買い付けたい人からすれば、少しでも仕入価格を低く抑えたいと考えるのは当たりまえですが、上記の事情を考慮すると少し考えさせられます。

しかし、こちらも商売ですから甘いことは言ってられません!

以上、タイシルク100%事情でした。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜田 明広 タイ・バンコク在住

Author:浜田 明広 タイ・バンコク在住
FULL-TA Japan owner
●宝石業界歴32年
●バンコク在住 59歳
●宝石ルース【仕入・買付】サポート
☆ジェムハント・サポーター
〇代理買い付け
●プライベートコーディネーター
●観光アテンド
●タイシルク製品卸
●ビジネス相談
✉ isje_2@yahoo.co.jp

・公式LINEの登録(通話不可)
เพิ่มเพื่อน

・ホームページ
http://bangkok999full-ta-japan.jimdo.com/

・Facebook
http://facebook.com/akihiro.hamer

・Twitter
http://twitter.com/@isjeHamada

・instagram
http://instagram.com/chacomiz_bkk

・You Tube
https://www.youtube.com/channel/UCIztuTXVMyw5znFUJTlggpw

検索フォーム
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
株価&為替ボード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海外ブログランキング
バンコク情報ランキング
ブログカウンター
最新記事一覧
居酒屋~ Aug 07, 2020
タイ・バンコクのランチからの仕事 Aug 08, 2020
アレキサンドライトのプロモーション Aug 09, 2020
昨日は完全off‼️ Aug 10, 2020
普段の食事 Aug 11, 2020
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる